千葉県印旛郡栄町 千葉県立房総のむら

房総のむら 画像
Pocket

しばらくぶりに千葉県立房総のむらに行ってきました。

 
ゴールデンウィーク中に毎年開催されている
春のまつりで房総のむらは
沢山の観光客でにぎわっていました。

 
房総のむらへのアクセスは
JR成田線安食駅からバスも出ていますが
私たちは車で行きました。

 
駐車場は無料で
房総のむらへの入場料は
大人300円、高・大学生150円です。

 
企画展開催中は料金が変わる場合があるようですが
65歳以上と中学生以下は無料です。

 
下総の農家

房総のむら 画像
 

 
時々ロケも行われているそうです。
 
春まつりのイベントは
大道芸チンドン活劇、女流独楽回し、民族芸能、昔語りや
商家の町並みでの千代紙ろうそく作り、鯉のぼり作りなど
様々な催し物が行われていました。

 
普段でも当日受付での体験や予約をしての体験などがあり
ちょっと懐かしい気分に浸れます。

 
房総のむらでの体験料はそれぞれ違うので
公式ホームページで確認したほうが良いかなと思います。

 
農村歌舞伎舞台
 
房総のむら 画像
 
孫たちが
春のまつりの時代衣裳変身体験でこども忍者衣裳を着てみました。

 
1人30分で500円でしたが
とっても喜んで 忍者姿で走り回っていました。

 
大人の方(1500円)もお殿様やハイカラさんなど
思い思いの衣裳に身を包み
楽しそうでした。

 
舟遊び
 
房総のむら 画像
 
房総のむらでの食事は持っていってもベンチなどがあるので食べられます。

 
自販機はあるのでジュースは購入できますよ。

 
春まつり期間中は
露天商が沢山ありました。

 
初めて見た房総のむらのマスコットキャラクターの
ぼうじろーがとっても可愛かったです。

 
房総のむらには1,899年(明治32年)に建設された
国の重要文化財の旧学習院初等科正堂や
古墳群の中には
全国最大規模の方墳などもあり
季節の移り変わりを楽しみながら
ゆっくり観光するのにおススメの場所だと思います。

 

 

千葉県立房総のむら
千葉県印旛郡栄町龍角寺1028
電話 0476-95-3333
開館時間 9時~16時30分
休館日 月曜日(祝・休日の場合は火曜日)

 

 

 
スポンサーリンク


旅行・観光 ブログランキングへ

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP