紫陽花寺として有名な鎌倉の明月院の境内と御朱印

名月院 枯山水庭園 画像
Pocket

鎌倉に行くなら紫陽花の花が咲いている時に行きたいねと
友人と鎌倉行きの計画をしました。

 
鎌倉のあじさいの開花時期は
6月中旬から7月上旬と聞きました。

 
やっとみんなの予定があった日は6月29日。

 
鎌倉でアジサイを見るっていうと
紫陽花寺は外せないかなと
JR北鎌倉駅から円覚寺、
その後、国指定史跡の明月院(めいげついん)にいきました。
 
名月院 画像
 
6月だけ
拝観料はちょっと高めの500円でした。

 
その他の月は300円だそうです。

 
明月院は今から約850年前の
1160年にはじまったそうです。

 
紫陽花は約2,500株が植えられているそうで
ブルーや紫、白の花色のあじさいが沢山見ごろをむかえていました。
 

名月院 姫あじさい 画像

 
鎌倉石の参道の両脇に美しく咲いている姫あじさいなど
少し遠くから写真を写したいんだけど・・

 
とにかく観光客が多かったです。

 
早めの時間に出かけたほうが良いですね。

 
名月院 枯山水庭園 画像
 

明月院の見所は
須弥山をかたどり仏教観を表現している枯山水庭園や
茶室・月笑軒、明月院やぐら、花菖蒲の後庭園なども知られています。

 
名月院 うさぎ 画像
 

茶々橋から水の流れを見ているようなうさぎの石像をはじめ
ウサギの宇宙ステーションにはうさぎが飼育されていました。

 
月の使者のうさぎが沢山の明月院でした。

 
名月院の御朱印は
順番に靴を脱いで畳に正座してお願いしました。

 
鎌倉 名月院 御朱印 画像
 

朱印代は300円でした。

 

 
名月院
神奈川県鎌倉市山ノ内189
電話 0467-24-3437
拝観時間 9:00~16:00(6月 8:30~17:00)
 

 

 
スポンサーリンク

 


旅行・観光 ブログランキングへ

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP