茨城県稲敷市の神宮寺の御朱印

茨城県稲敷市の神宮寺 画像
Pocket

茨城県稲敷市の天台宗のお寺
神宮寺に行ってきました。

 

茨城県稲敷市の神宮寺 画像

 
境内にツツジの木が多く植えられていて
4月下旬頃はとてもツツジの花が美しいお寺だそうです。

 

茨城県稲敷市の神宮寺 画像

 
神宮寺の客殿には
茨城県指定文化財の
室町時代作の唐様の厨子と
平安時代作の木造聖観音音菩薩立像が
安置されているお寺です。

 
茨城県稲敷市の神宮寺の客殿 画像

 

観音堂には
秘仏の本尊十一面観音音菩薩が安置されていますが
お坊さんでも
一代に三度しか御開帳できないそうで
平成11年に
客殿を改修した時に
御開帳されたそうです。

 

茨城県稲敷市の神宮寺 画像

 

 
神宮寺の歴史は
大同元年(806)
満願上人が開山したと伝えられているそうです。

 

茨城県稲敷市の神宮寺 画像

 
庫裏の裏には
弘仁二年(811)開山の板碑があります。

 

 
また勝道上人の開山とも伝えられているそうです。

 

茨城県稲敷市の神宮寺 画像

 
何度もの大災により
書物等はないそうですが
境内には再興された
観音堂、仁王門、客殿、長屋門、庫裏があります。

 

 
茨城県稲敷市の神宮寺の御朱印 画像

 
茨城県稲敷市の神宮寺の御朱印
300円
神宮寺
茨城県稲敷市神宮寺146番地
地図

 

大きな地図で見る

 

 

スポンサーリンク


旅行・観光 ブログランキングへ

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP