鬼怒川 観光 鬼怒川ライン下りを体験してみました

鬼怒川観光 鬼怒川ライン下り 画像
Pocket

夫と孫と日光 鬼怒川温泉に行って来ました。

鬼怒川観光 鬼怒川ライン下り 画像

鬼怒川 観光では人気の
鬼怒川ライン下りを体験してみました。

鬼怒川ライン下りは
4月中旬から11月下旬までですので
季節限定の鬼怒川観光となります。

船の発船時間の20分前までに受け付けを済ませます。

なんでそんなに早く行くのかなと思っていたのですが
そうか・・
道路から鬼怒川まではかなりの高低差があるわけで
階段を下って行きます。

鬼怒川観光 鬼怒川ライン下り 画像

日差しの強い日でしたが
川の近くに行くと ヒヤっとした風が気持ちよいですよ。

鬼怒川観光 鬼怒川ライン下り 画像

孫と石を積み重ねて遊んで待っていると
ライン下りの船の準備が整ったようで
船頭さんの指示で乗り込みます。

鬼怒川観光 鬼怒川ライン下り 画像

鬼怒川ライン下りの受付を済ませてすぐに
孫(小学校1年生)には救命胴衣が着せられました。

泳ぎにはまったく自信のない私の救命胴衣はないのかしら?って思っていたら
大人は船に設置されている
平らな救命具の紐を手に引っ掛けて乗船するようです。

(大人用の救命胴衣の入荷待ち中のようです)

*0才児の救命胴衣はないので船には乗船出来ないようです*

靴を脱いで全員乗船完了でいよいよ出発です。

私の乗ったライン下りの船は
きっと何百メートルも声がとおるような元気の良い船頭さんの船でした。

鬼怒川観光 鬼怒川ライン下り 画像

象岩やゴリラ岩、熊岩や滝などを見ながら船は下流へと向かって行きます。

鬼怒川観光 鬼怒川ライン下り 画像

上に見えるのは
鬼怒楯岩大吊橋(きぬたていわおおつりばし)です。

途中 最近人気の鬼怒川観光の
ラフティングやキャニオニングも見かけました。

雨があまり降らない日が続いていたので
川の流れは穏やかで快適。

鬼怒川観光 鬼怒川ライン下り 画像

途中何度かは急な流れの場所もあり
「キャー」って
ビニールを引っ張り上げて濡れないようにしながら
楽しい川下りを楽しみました。

鬼怒川ライン下りは手漕ぎの船で下るのですが
最後の頃にはエンジン付きの船が待っていて
桟橋までみごとな操縦でピタっと運んでくれます。

とっても楽しいライン下りだったのですが
桟橋から道路までは坂道。

ハアハアしながら登っていくと
計算されているかのように(笑)
茶店があり
皆さん思い思いに注文されていました。

鬼怒川観光 鬼怒川ライン下り 画像

「生ビール!」「カキ氷!」「ソフトクリーム!」
これまた計算されているかのように(笑)
食べ終わった頃 バスが迎えにやって来ます。

このバスは鬼怒川ライン下りの乗り場までは行かず
鬼怒川駅で降りました。

この頃ライン下りの船は エッチラオッチラと川を上っているかと思えば・・
そんな時代ではないようで
下った船はトラックに乗せられ出発地点まで運ばれます。

へ~え クレーンで川に下ろします。
凄いね!

鬼怒川観光 鬼怒川ライン下り 画像

鬼怒川温泉では
ホテル鬼怒川御苑に宿泊しました。

鬼怒川ライン下りの船に乗るには予約が必要なのですが
ホテルのフロントにお願いして
鬼怒川ライン下りの予約をしてもらったら
大人1名 2,500円が2,300円に割り引かれていました。

鬼怒川観光 鬼怒川ライン下り 画像

当たり前ですが
鬼怒川ライン下りの船で
鬼怒川を下って行くと
乗船した場所近くまで戻らなければいけない訳ですよね。

あわせて バスのチケットもお願いしておきましょうね。

鬼怒川ライン下りの駐車場代金が500円かかるのですが
少しだけ歩いた所に
鬼怒川御苑 の第2駐車場があり
鬼怒川御苑のホテルの方に
「ここに駐車したほうがお徳ですよ」と教えてもらいました。

鬼怒川ライン下り
公式ホームページ
アンケートに答えると鬼怒川ライン下りのペアチケットが当たるかも♪
栃木県日光市鬼怒川温泉大原1414番地
TEL : 0288-77-0531







スポンサーリンク


旅行・観光 ブログランキングへ

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP